Amazonの定額読み放題サービス「Kindle Unlimited」から人気作品が消えた?!

この記事をシェアする

KU-retail-lp_KindleCards

AmazonのKindle本読み放題サービス「Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)」から、人気作品が消えたと朝日新聞が報じています。Amazonが想定していた以上のダウンロード数があり、出版社に支払う予算が不足してしまったことが理由のようです。

スポンサーリンク
Google AdSense 336×280

「Kindle Unlimited」のラインナップから人気作品が外される

KU-retail-lp_KindleCards
via Amazon

朝日新聞によると、Amazonが読み放題のラインナップから人気作品を外した理由として、「想定以上のダウンロードがあり、出版社に支払う予算が不足した」「このままではビジネスの継続が困難」などの説明があったとのことです。

アマゾン読み放題、人気本消える 利用者多すぎが原因?:朝日新聞デジタル

Amazonの「Kindle Unlimited」は、ユーザーが支払う月額980円の一部をダウンロード数に応じて各出版社へ配分する仕組みで、一部出版社には年内に限り上乗せ料金が支払われる契約も結ばれていたそうです。ところが、人気漫画や写真集などのダウンロード数がAmazonの想定以上だったために、出版社へ支払う予算が不足することを避け調整をしたようです。

どんな書籍が消えたのか?

対象作品から外された具体的な作品名まではわかりませんが、Twitterでは以前から、読もうと思っていた作品がラインナップから消えていたという報告があがっています。

結構早い段階からラインナップの調整をしていたようですね。

9月に「Kindle Unlimited」の会員数は激減か!?

Amazonは「Kindle Unlimited」の会員数を公開していませんが、9月に入ったら会員数は大幅に減少すると思います。

Amazonは「Kindle Unlimited」に30日間の無料お試し期間を設けているので、今は読みたい作品がなくても無料だから利用している人が多いと思います。そこに加え今回の「読みたい作品が消えてしまった」ことが理由で退会する人もいるはずです。

僕はひとまず利用継続する予定ですが、退会しようと考えている人は、何もしないと無料期間が終了すると自動更新されてしまうので、今のうちに設定を変更しておいたほうがいいですよ

無料期間が終了し始める9月3日以降は会員数が減少しても、Amazonが何も手を打たないことは考えにくいので、今後どのように対応していくのか気になります。

スポンサーリンク
Google AdSense 336×280