【ポケモンGO】スマホの電池消費を抑える「バッテリーセーバー」機能の使い方!

この記事をシェアする

IMG_MASTER-3-

ポケモンGOをプレイしていると気になるのがスマホの電池消費。

GPSの位置情報取得やポケモン・ポケストップ情報の更新など多くの通信を行うので電池消費に困った人も多くいるはずです。特にポケモンGOは、屋外でのプレイが欠かせないので、すぐに充電できない場合もありますしね。

そんなポケモンGOで、スマホの電池消費を抑えるのに欠かせないのが「バッテリーセーバー」機能です。

スポンサーリンク
Google AdSense 336×280

「バッテリーセーバー」機能でスマホの電池消費を抑えよう!

ポケモンGOの「バッテリーセーバー」機能は、デバイス(スマホ)が下向きにされている間、画面表示を無効にする機能です。アプリを起動したまま画面表示を無効(真っ暗)にすることで電池の消耗を抑えてくれるわけです。

IMG_2709-576x1024

不具合のため一時的に利用できなくなっていましたが、最近のアップデートでiOS版に関しては復活しています。

設定や使い方はとても簡単。

IMG_MASTER
設定を表示し「バッテリーセーバー」をオン(チェック)にします。設定はこれだけです。

IMG_MASTER-3-

「バッテリーセーバー」機能によってスマホの向きで画面が真っ暗に。

バッテリーセーバーモードで画面が真っ暗でも、アプリはもちろん起動しているので移動距離はカウントされますしポケモンも出現します。同じく設定で、「振動」をオンにしておけばポケモン出現に気づきやすいのでおすすめです。

「バッテリーセーバー」機能以外の対策

ポケモンGOの「バッテリーセーバー」機能以外にもバッテリー対策はあります。

スマホの画面を暗くする

これはポケモンGOに限ることじゃありませんが、スマホの画面を暗くするだけで電池消費を多少抑えることができます。

スマホの「明るさ」に関する設定を確認し、支障のない範囲で暗くしておくといいと思います。

モバイルバッテリーを持ち歩く

もう一つはモバイルバッテリーです。どんなに工夫しても電池は必ず消費してしまうので、最後は結局モバイルバッテリー頼り。

荷物は増えてしまいますが、他のシーンでも使えるので持っていて損はないと思います。

Ankercheeroの商品なら、軽量タイプや大容量タイプなど様々ありますし、しかも安価に購入できるのでおすすめですよ。

機能を有効活用しスマホの電池消費を抑えながら楽しんでいきましょう!

スポンサーリンク
Google AdSense 336×280