AmazonのKindle月替わりセール、8月は堀江貴文著『君がオヤジになる前に』など全142冊が40%以上OFF!

この記事をシェアする

IMG_MASTER 3

AmazonのKindle本が40%以上OFFとお得に購入できる、Kindle月替わりセール!2016年8月は、堀江貴文著『君がオヤジになる前に』など全142冊が対象になっています。

結構8月3日から日本でも開始した「Kindle Unlimited」で読める作品もあるので、Kindle Unlimited利用中の方は購入せずに読むことができますが、他にも多くの作品がお得に購入できるので要チェックです。

スポンサーリンク
Google AdSense 336×280

8月のKindle月替わりセール対象作品まとめ

IMG_MASTER 3

全142冊から一部ピックアップして紹介します。その他対象作品は、Kindle月替わりセール会場でご確認ください。

『君がオヤジになる前に(著:堀江貴文)』

この本で特に胸に来たメッセージを二つ
・アイデアだけで輝ける時代はもう終わった。ホントに重要なのは実行力
・自分の穿くパンツや食べるご飯の選択について考えることもやめるのは思考停止である

内容は20歳以降の若者たちに思考を停止させた状態(=オヤジ)にならないための堀江さんなりの回答が詰まっている。特に若い社会人なら何かしらギクリとする内容と回答だ。

堀江さんの回答であり、例えば「成長しない仲間を切り捨てる」だの「包容力とか意味分からない」などの強烈な言葉がある。万人に向けたアドバイスではなく堀江の回答だが、言っていることは間違ってない。

『スタンフォード大学で一番人気の経済学入門 マクロ編(著:ティモシー・テイラー)』

米国の名門大学で使われている経済学テキストだそうです。
ケインズ経済学と新古典派経済学を公平に解説することを意図して編集されているので、経済学の基本を学ぶには相応しい本だと思います。
数式や図表を使っていませんが、平易な表現で、とても分かりやすい文章です。

文学部出身で、全くの経済学素人ですが、この本を読んでもっと経済学を学びたくなりました。こんなに平易で分りやすく、且つ基本要素を網羅している経済書はないんじゃないですかね・・・。ミクロ編もすぐ買ってすぐ読み終えました。次はマンキューのマクロ経済学を読もうと思います。

『ブッダ(著:手塚治虫)』

私がこの本を読んで一番大きく感じたのは、人間が人間という存在を大きく思っているほど地球上の生命の中では大きい存在じゃないってことです。すべて生命の価値なんてものは一緒で、虫も木も草も同じだということ。
少しでもそう考えられると、物を大事にしたり草木を無理に汚したり虫を殺したりしなくなるのだなぁ。と思いました。

漫画だから笑い飛ばせばいいと思っていたが内容が深刻でした。階級のない社会はくるのか、すべての人が幸せになる日は来るのか、などが考えさせられてしまった。最下層の舞台で繰り広げられる複雑な関係をどう解決するのか、漫画だからあっさりと人が殺されてしまうのには仕方がないとは思うが、強い主人公が生き残ってゆく過程を追ってゆくときぼうもみいてくるようです。

『タバタ式トレーニング(著:田畑泉)

ウオームアップとクールダウンを入れると30分弱になりますが、4分でこんなにハードなトレーニングができるとは思いませんでした。

「たったの4分」ということで少し前からネットなどでたまに目にしていたタバタプロトコルの、世界初となる解説本だそうです。
キャッチコピーのお手軽そうな印象に反して、かなり真面目な内容でびっくり。ただ、これはいい意味で、田畑博士の実直さが伝わってくるとも言えます。

『コンテンツの秘密 ぼくがジブリで考えたこと(著:川上量生)

先週ふらっと立ち寄った本屋でみつけて、川上さんのエッセイ本かと思って買ったら、壮大な論文だったw
いかにも理系の人がまとめた感じの構成で、人間の思考の仕組みまでせまって分析されている。
とても興味深い。
あと、鈴木プロデューサーや宮崎駿とのエピソードもめちゃくちゃ面白いですw

誰でも出来ると言う事は、雑多なコンテンツが量産され、コンテンツで溢れ返るというのが現状ではないでしょうか。
そんな中で「より広く人に受け入れられるコンテンツって何だろう?」と考える事が、競争の中で必要になります。
それを理論整然と紐解くような本でした。

『Webデザイン必携。プロにまなぶ現場の制作ルール84(著:北村崇, 浅野桜)

しっかりと「やるべきこと」と「やってはいけないこと」が明記されています。
トピックの内容レベルが3段階に分かれており、「独り立ち」の部分は特に具体的に記載されており、読み進めるごとに今すぐ役立つ知識が身につきます。しかもキャプチャが多くとてもわかりやすいです。

「webデザインってなんじゃー!」な人向けな本。
チャプターや項ごとの難しさがレベル分けされているので、自分に合っているレベルのものを選んで見ていっても良い。

また、現webデザイナーもキット思い出しメモとして使えるんじゃないかなと思った。

『独学で現役東大合格、予備校で添削指導を1,000人以上した講師が教える!「勉強法の教科書」(著:岩崎次郎)』

ジャンルを絞った勉強法は他にもあるでしょうが、受験や資格試験に備えて「勉強法の重要性」に気づかれた方にはお勧めします。
大切なこと(ベーシックなこと)はこの1冊でまかなえるのではないでしょうか。

勉強方法だけでなく、睡眠にまで言及するなど、著者の勉強方法にたいする知識を惜しみ無く記載してある。

『人気ブログの作り方: 5ヶ月で月45万PVを突破したブログ運営術(著:かん吉)』

実際に結果を出しているブロガーさんが書いているのだから、リアルで説得力があり、参考になる。

ただし、通常の本なら関連する内容は同じ章にまとめられているものだが本書はそれがなく、たとえば「記事タイトル」についての内容が2と7に分かれていて、やや読みづらい。これも、ブログ的か。
とはいえ価格も安いので、ブロガーならそんなことは割り切って読んでみると良いだろう。

SEOに有効なネタ探しや書き方に困っていたので、こういうのもアリなんだよと教えてもらった気がしました。

『必ず出会える!人生を変える言葉2000』

有名な偉人をはじめ著名な作家、アニメの中のセリフ、名曲の歌詞まで、世界中の名言が幅広く収められている。
このため、確り読み込むのではなく、ざっと本書を読み流すだけでポジティブな気持ちになる。

古くさい名言集ではなく、古今東西、さまざまなジャンルの人、ことわざなどを、心象風景のような写真とともに取り上げています。
空気を吸うように、数々のきらめく言葉が自分の中に入ってくる、そんな本です。

繰り返しになりますが、AmazonのKindle月替わりセールは全142冊が対象です。その他対象作品はKindle月替わりセール会場でご確認ください。

その他Amazonで開催中のセール

Kindle月替わりセール以外にも、以下のようなセールを開催中なので気になる本がないかチェックしてみてください。

それぞれ開催期間が異なるため要注意です。

お見逃しなく!

スポンサーリンク
Google AdSense 336×280